001-養子縁組との出会い

2015年 5月上旬

北京に向かう機内で雑誌を見ていたところ、偶然「特別養子縁組」の広告が目に入った。今年は結婚10年目なので、そろそろ不妊治療もあきらめて、養子縁組を考えようかと思っていた矢先。そこで帰国後に早速、雑誌にあった「ハッピーゆりかご」のWEBを調べてみることにした。

IMG_9740.jpg


ハッピーゆりかごWEBの説明によると、実親子に準じる親子関係を築くことができる「特別養子縁組」は、(1)児童相談所を通じて仲介を受ける方法と、(2)民間機関を通じて仲介を受ける方法の、2種類がある模様だった。

ハッピーゆりかごWEBでは、さまざまな民間機関が一覧になっているが、中には子どもの紹介を受ける夫婦(養親)の共働きを認めておらず、 「子どもの紹介を受けたら、仕事を辞めます」 と誓約しなければ子供の紹介をしてくれない団体などもあり、どの団体でも気軽に登録ができるという感じではなかった。そこで、まずは最寄りの児童相談所に電話をして話を聞き、さらに、共働きでも子供を紹介してくれる民間団体も探すことにした。

 ハッピーゆりかごプロジェクト
 http://happy-yurikago.net/mediation/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント